オルニチン 副作用

オルニチンの副作用について

肝機能の強化や美容・ダイエット効果などに注目が集まっているのがオルニチンです。

 

オルニチンは尿素回路上においてアルギニンの分解によって生成されます。
食べ物で言えばシジミを始めとしてヒラメやキハダマグロなどに多く含まれています。

 

しかし、オルニチンの効果をある程度求めるということが前提ならそれに必要な摂取量は
これらの食べ物を大量に食べなければいけません。

 

 

ではどれぐらい食べなければいけないかというと代表的なシジミを例にすると一日に約3000個となります。
これはさすがに現実的に考えて不可能と言えます。

 

 

そのため、オルニチンを摂取して効果を発揮させたいという際はサプリメントで補うというのが普通です。
サプリメント、オルニチンの効果などの話になってくると気になるのが副作用ですね。

 

 

それだけの凝縮されたオルニチンを摂取するわけですから不安になる人も多いでしょう。
ただ最初に紹介したようにオルニチンは体内で元々生成されているものでもあり、存在しているものでもあるので
副作用と言ってもサプリメントを飲んでいて何か重い症状が出たというような報告は今までにありません。

 

 

さらに体内に蓄積されるものでもありませんので大量摂取したからと言って副作用が出るというものでもありません。
しかし、過剰摂取をすると下痢や腹痛を起こすという報告はいくつかあります。
これはオルニチンに限ったことではなくアミノ酸系のサプリメントの過剰摂取では比較的起こりやすい副作用です。

 

 

なので利用するサプリメントの解説書や利用上の注意などを守って常識の範囲内で摂取していれば問題はないでしょう。

安全性が気になる方にオススメのオルニチンサプリメント

サプリメントを摂取する際の副作用やアレルギー症状などが気になる方にオススメのオルニチンサプリメントがしじみ習慣です。

 

このしじみ習慣はいわゆる特定の栄養分を摂取するために化学合成されたものではなくて
しじみの濃厚なエキスをじっくりコトコトと煮出してそれをギュッ!と凝縮したものなのでサプリメントというよりは食品に近いです。

 

先程お話した量のシジミを実際に食べているのと変わらない感覚なんですね。

 

お酒好きの方は飲んだ次の日にシジミの味噌汁をコンビニなんかで買って飲んだことがあるでしょう。
実際に入っているシジミの量を考えると全く味噌汁なんかでは肝機能の強化みたいな効果を
得られるわけはありませんがなんとなくその胃に優しい感じを体感した経験があるのではないでしょうか?

 

 

しじみ習慣はそれに比べると遥かに上を行くわけなのであの辛い二日酔いの救世主とも言えるでしょう。

 

 

ちなみに個人的な使用感の話をするとお酒を飲んでいない時は特にいつ飲むのかというのはこだわらなくても問題ないのですが、
お酒を飲んだ日や飲み過ぎたと感じた時はその日の寝る前に飲んでおくと次の日のスッキリ感が違います
おそらく継続的に飲んでいることで肝機能が強化されているのもあると思いますが・・・。

 

分かっちゃいるけどやめられずについ飲みすぎて次の日に後悔、このサイクルを繰り返していた私のような人にオススメです。

 

ただ単品購入の場合は少しオルニチンサプリメントとしては割高ですので
まずはオルニチンのサプリメントをちょっと試してみたいという方は協和発酵バイオのオルニチンにお試し購入がありますよ。

 

協和発酵バイオのオルニチンのお試し購入はコチラ>>>